ドイツ料理のデモンストレーション
2009 / 03 / 13 ( Fri )
所属している団体のディレクターの方がドイツ出身だそうで、
彼女の郷土料理を紹介するというイベントへ行ってきました。



デュッセルドルフが州都であるノルトライン=ヴェストファーレン州出身なんだそう。






食材の説明をしながら、調理したり。
食材自体は特別目新しいものはありませんでしたが、調理方法はなるほどー
と、思うところが多かったです。

例えばマッシュポテト。
マッシュしたじゃがいもにバターや牛乳でのばし、塩で整えるまでは同じだけれど
更にざっくりと刻んだケールと荒みじんにしたピクルスを入れて、ピクルス液で味を
整えていくのです。

ケールは一時期大流行した青汁の原料になるくらい栄養が豊富な食材だし、
ピクルスは納豆やキムチと同じく発酵食品で身体にいいものだし、
食感も楽しそうだし、何よりも簡単みたいだし
普段の食卓はもちろん、ポットラックのメニューにも重宝しそう!



お待ちかねの試食タイム
1番手前が先程のマッシュポテト、隠れてしまったけれどその下にザワークラウト、
紫キャベツとりんごを煮たもの、クルーラーと呼ばれる揚げパンのようなお菓子。

どれもソーセージなどのお料理の付け合わせにどれも合いそうなほんのり酸味がいい感じ。
そしてこのお菓子が美味しくって、みんなで何度もおかわりしちゃいました

レストランへ行けば様々な国のお料理が食べられるけれども、こうしてその国の人に
目の前で調理していただけるなんて機会はそうそうないですもん。
貴重な経験になりました。
習い事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<The Wailers | ホーム | ポットラックランチ会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cinque.dtiblog.com/tb.php/220-0ef32dee
| ホーム |