トリュフソルト
2009 / 04 / 26 ( Sun )
3月にNYに訪れた際に、SOHOのDEAN & DELUCAにて購入したこちらのトリュフソルト。




隣にはポルチーニソルトも並んでいて、どちらもテイスティング可能だったので
試してみると... んー...決めがたい!

でも少量でもお口に広がるトリュフの風味に完全にノックアウトされて購入決定!




黒い粒がサマートリュフ。
蓋を空けてクンクンすると香りが濃く広がります。

やっぱり卵料理との相性は抜群で、ゆで卵やオムレツなどに仕上げに振りかけると
「家庭料理」が「ワインに合うアパタイザー」に一気に変身

その他、バゲットやパスタ、温野菜にしたジャガイモなどのシンプルなもの程
トリュフの香りが引き立ちます。

可愛いお値段とは言いがたいけれども、少量で十分な効果が得られ
コストパフォーマンスは悪くはないのでお勧めです
食材、レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケール入りのポテトサラダ
2009 / 04 / 16 ( Thu )
先月習ったケール入りのマッシュポテト

一緒に講習を受けたお友達も「つくってみたのよ〜」って話していたのを思い出し
やってみることに。
そしてなんとなく思いつきで、マッシュポテトではなくポテトサラダにしてみました。
材料は似てますからね。




〜〜ケール入りポテトサラダ ずぼら編〜〜
1、皮を剥いたじゃがいも大まかに切り、耐熱容器に入れてレンジへ
2、薄くスライスしたタマネギを加えて約1分レンジへ
3、マッシャーでマッシュする
4、茹でてざく切りにしたケールを加える
5、オリーブオイル、白バルサミコ、マヨネーズ、塩、こしょうで味付け

普段はケールではなく、ケイパーを入れています。

洗い物が少なくて済むのでラクチンです♪
ジップロックコンテナーだとそのまま冷蔵庫にもいれられるし、
ポットラックにもそのまま持参できます。

ポテトサラダってそれぞれ家庭の味がありますよね。
実家の母は卵やハム、きゅうりなどを入れた具沢山でした。
マカロニを入れるおうち、りんごを入れるおうち、などなど。

ボストンにきて各国の料理はもちろん、ポットラックにて家庭の味も
味わうことが出来て楽しいです♪

食材、レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さつまいも
2009 / 03 / 05 ( Thu )


こちらのグロ画像はさつまいものいとこ煮。
たけのこと一緒に中華街にて購入したJapanese Yamを使ったものです。

トレジョなどに置いてあるSweet Potatoなどは形は似ているけれど中身はオレンジ色で
火を通すと甘みが強めで水分も多くすこしびちゃーとしてしまいます。



こちらは昨年末に同じくいとこ煮をSweet Potatoを使用してつくったもの。
光の加減もあるけれど、オレンジ色。
Japanese Yamのようなほくほく感は感じられないです。

以前こちらを用いてレモン煮をつくった際はまー、ありかな?でした。苦笑

好みの違いはあるでしょうけれど、Japanese Yam の方が好きです。
特にいとこ煮では特に。



*私信*
本日予定されていたきむち会は延期になりました。
ご都合のいい日を知らせてください。
食材、レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たけのこご飯
2009 / 03 / 04 ( Wed )
ずっとお休みしてしまっていた習い事に先日久しぶりに行き、
その帰りにクラスの方と一緒に中華街へ寄ってきました。

豆板醤や甜麺醤などの調味料類も日本、韓国食材店よりもずっと安いし種類も豊富だし、
野菜類も日本人に馴染みのあるものが多いしで、渡米当初は正直抵抗があったけれど
なかなかそうも言っていられないのでたまに利用しています。

店内にて一緒に行った方が「あー、みて!」と指差したものは


たけのこでした。
これは買わなくっちゃ!と2人で買い物かごへ。

帰宅後早速茹でてみようにもぬかなんて無いし。
日本のスーパーでは生たけのこにはお店によっては無料でぬかがついていたりするけれど
中華街でそんなサービスなんてもちろん無し。
ならばお米のとぎ汁!と言いたいところだけど、我が家は白米がないので無し。
(玄米はとぐ必要はありません。軽くすすぐ程度です。)
どうしよう!とネットで調べると重曹でもいいんですって。



重曹で下ゆでし、実家の母が送ってくれた舞茸の炊き込みごはんの素に
韓国の油揚げ
と一緒に入れて炊きました。



うまいー!
たけのこの風味がお口で広がる〜〜
昨年ミツワにて袋入りの水煮をみつけて試してみたけれど、風味ではなく
臭みしかなくて悲しい思いをしたけれど、これは全くの別物。
夫も大喜びしてくれました

食材、レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ