NYC Half Marathon  当日
2008 / 07 / 30 ( Wed )
4時25分にセットしたアラームにて起床。
すぐさま自宅から持参したドライプルーンとはちみつ漬けの梅干し、
前日にサンドイッチと一緒に購入したクロワッサンで朝食。

支度を済ませて6時にホテルを出ると大雨。
5番街にてタクシーを拾いマジソンアベを通りスタートのセントラルパークへ。
大雨の中ゼッケンをつけた人たちが走っていました。

今回のコースはこちら。


招待ランナーなどエリートランナーの方たちは85St.から。
タイムの速い順にゼッケンの番号が振られていて14000番台の私は
1番最後で97St.からのスタートに。

タクシーを降りてスタート地点へ向かう途中で雨があがりました。



水とパック入りの塩のサービス。







スタート時刻の7時直前にスタッフの方が前に詰めるようにとの指示。
ぞろぞろと大移動。
7時を15分以上過ぎた辺りにて移動のスピードが上がって走り始める。
スタートのようです。

セントラルパークはアップダウンがきついとは聞いていましたが
急勾配の坂というよりも緩いながらもひたすらにアップダウンが続くといった印象。


↑こちらがコースの高低差

初めのうちは初めて走るセントラルパークに興奮を覚えていましたが、
公園なので当然ひたすら緑。
木々の隙間からビル群が覗くものの、ひたすら緑。

そして更に大雨のおかげで気温は下がったものの、
曇りのままだったためにじめーっとした空気。
(湿度は90%だったそうです)
それに加えて1万人以上の参加者の熱気。

心身共に結構しんどい。
こんな状態では完走どころか、セントラルパークから出られるかどうか。

ようやく最初の給水。
ゲータレードが美味しくて生き返る!
どうしようか躊躇ったけれど、もう身の振り構っていられない。
押忍!漢になれ!
水を頭からかける。
気持ちよくて更に生き返る。

タイムロスにはなってしまうけれども、完走する為にはこれはいいかもしれない。
以降ほぼ全ての給水ポイントにて水を頭や顔、首、シャツの中、足などにかけることに。


約10kmのセントラルパークを1周した辺りでそれでも身体が言う事を聞かなくなって。
そうだ!と思い出しスタート前にいただいた塩のパックを開けて舐める。
まずーい!後悔するほどのまずさ。
でもこれで遠のいていた意識が戻った感じ。

そんな中、夫の姿を発見!
ちょっぴり復活。



なんとかセントラルパークをでて7番街へ。
目の前には両側に超高層ビルが並んでいて、その谷間にまっすぐ続く道。
車で渋滞しているはずの道をランナーたちだけが同じ方向に走っていく。
あまりに非日常で非現実的な光景に夢だか現実だか疲れた身体では判別できないくらい。
この光景は忘れられないし、忘れたくない。






タイムズスクエアではステージにてバンドの演奏が。
ヤングマンの曲に合わせて「Y.M.C.A」とランナーみんなで踊っていたそう。
(私が通った際はやっていなかったー!)



このあたりで友人のYちゃんを発見!
朝早いのに来てくれて本当にありがとう!
感謝の気持ちで一気に元気に。





ボストン在住日本人の聖地、牛丼の吉野家の前。

9マイルの給水にてパワージェルのキャラメル味をパクリ。
アメリカーンな濃厚すぎる甘さで、1口で充分。
激しく後悔したけれども、さすがにパワージェルというだけあって
身体が楽になってきたかも?それともランニングハイ?!

そのすぐ先の曲がり角のステージでは露出度の高い衣装を身につけた
美しい女性たちがサンバのリズムで踊っている!
私も一緒に踊っておきました♪ 漢というよりもオヤジ?!

もうあと4マイル。
太ももに痛みを感じて、端に寄りストレッチ。
給水ではももに水をかけてまぎらわそうとしても、やはり痛い。
やっぱり私には無理なんだ...一気に落ち込んできて。

沿道の見知らぬ人がハンドベルをチリチリと鳴らして
「Run! Run! Run!」
「Thank you!」と答えたら笑顔になって。
アメリカでの生活の賜物ですね。つい、条件反射的に。
それでも、あ、まだ笑えるから大丈夫かも?って。

それからゴールまでは私に向かってではない応援までも
「Thank you!」と返す作戦に。

更に途中にはいくつかDJブースがあって、日曜の朝には似合わないMr.DJと選曲。
近くにいたランナーは耳を塞いでいたけれど、気分はあがりました。



ゴールがようやく見えてきて、最後の力を振り絞ってラストスパート。



ゴール!

本当にゴール出来たの?ほんとにほんと?
実感が湧かずにただ流れに乗って進んでいたら、完走のメダルを手渡されて。
意外とずっしりとしたメダルを受け取り、そこでようやく完走したんだと
実感することが出来ました。

公式サイトによると
5km 0:36:06
10km 1:15:04
15km 1:52:50
20km 2:32:24
21.1 2:39:42

冷たいタオルのサービスや大会カメラマンによる記念撮影などを終えて
そのまま流れに沿って進んでいくとYちゃんと夫が一緒に迎えてくれました。





ジョギング | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
NYC Half Marathon  前日
2008 / 07 / 28 ( Mon )
レース前日の土曜日の午前10時過ぎに自宅を出発。
この日は絶好の行楽日和だったからか、高速道路はボートや自転車を積んだ
車なども多くて所々で渋滞に。
そのお陰でいつもよりも時間がかかりホテルには15時すぎに到着。

今回宿泊したホテルはレースの公式指定ホテルの1つである
Courtyard New York Manhattan
レース参加者と同行者は通常よりも安く宿泊出来ました。

5番街からパブリックライブラリーのある40th St.を逆方面へはいってすぐ。
ボストン在住日本人の聖地(?!)BOOK OFFの1ブロック下り。
グランドセントラル駅から徒歩5分という素晴らしい立地。




ここでトラブル発生。
指定ホテルよりも探せば安いホテルはあるので、そちらにしようと
初めは考えていましたがそれでもこちらに決めたのは
前日夜のパスタパーティーと当日朝のスタート地点までのバスのパッケージがあったから。
そこでチェックインの際にパスタパーティーの詳細を訊ねたら知らないって
他の従業員の方たちもそんなものは知らないって。
旅行会社の方に問い合わせてくれと言われて部屋に入ってから電話してみると、
指定ホテルのいくつかにはそういうパッケージプランが用意してあるけれど、
私が選んだホテルにはないそうでした。
ウェブにて確認してみると確かにそう書いてありました。。
全くの私の勘違い......
あー、前途多難!

しかしここで落ち込んでいる時間はなく、17時までのゼッケンのピックアップの為に
徒歩にてナイキタウンへ。
1階部分がトランプタワーと繋がっています。



こちらにてゼッケンの受け取り。写真付きIDの提示が求められました。









こちらはスポンサー企業の1つのトヨタのイベントブース。
赤い小さな紙にお願いを書いて吊るします。七夕さま?!

もう時間は17時過ぎ。
ホテルのパスタパーティーがあると思っていたので夕食の事は何も考えていない!
レース前夜なだけに、炭水化物をメインに摂取しなければいけないのに。
歩きながらお店をみつけようとホテル方面へ下っていく事に。

ロックフェラーセンター内のNBCのショップへふらり。




ERのオペ着。



毎年末に巨大クリスマスツリーが飾られる場所。



DEAN & DELUCAにて一休み。






バブリックライブラリー裏のブライアントパーク。



lululemon主催の無料ヨガ教室が行われているようです。いいなー



公園の前にあるLe Pain Quotidien


明るくて開放感のある店内。



夫はローストビーフサンド、私はターキーサンドを注文。
ホテルに持ち帰ることに。

翌日に備えて早く寝ようと自宅から持参したカモミールティーを飲んで
ベッドに入ったものの、緊張してなかなか寝付けませんでした。


つづく




ジョギング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
NYC Half Marathon
2008 / 07 / 27 ( Sun )



完走することが出来ました。

ボストンに戻ったらまた改めて記事にします。
ジョギング | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
AIDS WALK BOSTON 5K RUN その2
2008 / 06 / 03 ( Tue )
WALKの方たちのスタート後、少ししてアナウンスがありスタート地点へ移動。




前回のケンブリッジでのレースでもそうでしたが、タイムが速い人は前方へ。
遅い人は後方へと誘導されます。
もちろん私は最後の方に。

スタート!!






こちらのスタート地点があるストロードライブ側は河川敷で木々が生い茂っている為
とっても爽やかな空気でした。
そして今日一日ずっとそうであると思っていました。
が、、、
それはストロードライブまででした
ストロードライブとメモリアルドライブを繋ぐハーバードブリッジに入ると
あら?こんなに暑かった? ペースが速すぎた? と不安に。

橋の中央付近で大会スタッフの方たちが
「Thank you for running!
そう、今回はチャリティーのレースなのです。
今回ほんの少ない額ですが寄付させていただきました。
人はいつ、どこでどうなるかなんてわかりませんもん。
困ったときはお互い様です。
私の方こそこうして楽しませていただいて、Thank you so muchです!

橋を渡り終えた辺りで1回目の給水。
公式サイトには3カ所給水があると書かれていて
5kのレースでそんなに必要かと思いましたが、必要です!
この時点で既に結構汗をかいていましたもん。

メモリアルドライブ沿いは緑はあるけれどストロードライブ沿いに比べると少なく
日差しもどんどん強くなってとっても暑かったです。
キャップを被っていて本当によかった。
この辺りから私もつらくなってきて、動けなくなっている人もみかけました。

ケンブリッジパークウェイに入って間もなく2回目の給水。
身体がものすごく熱い。
今の心拍数はきっと180超しているかも?ってくらい。
年配の方が酸素吸入を受けているのをみて、人ごとではないと。
暑い日のランニングは短い距離でも油断は出来ませんね。

科学博物館の前を通り、再びストロードライブ側へ。
間もなく木陰へ。
全然違うー!!! 涼しいー

ゴールがみえてきました。


夫の姿をみつけて嬉しくなって最後の力を振り絞ってゴール!
タイムは全然よくないけれど、いいの。
この瞬間を味わえられれば。

最後の給水ポイントであるゴールにていただいたお水とドライクランベリー。
とっても美味しかったです







ジョギング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ