アメリカにて出産内祝い
2010 / 03 / 28 ( Sun )
今回の出産のお祝いのギフトのお返しをどうしよう...
アメリカではお祝い返し(内祝い)っていう習慣がないらしく。
それでも何か感謝の気持ちを表したいなーって考えていました。

妊娠中にお友達が譲ってくれたアメリカで赤ちゃんをうむときによると
内祝いとしてではなく、赤ちゃんの誕生を知らせる方法として
*カードを送る
*チョコレートを配る
  アメリカでは昔、男の子が生まれると葉巻き(シガー)、女の子だとチョコレートを
  配ったんだそう。しかし最近では禁煙ブームもあってシガーそっくりなチョコレートを
  代用したりするそうです。
*その他
  ローカル紙に掲載するなど。

これを読んでひらめいたのがヨックモックのシガール。



ヨックモックのサイトより拝借

プルデンシャルセンター内のSaks Fifth Ave.や、NYCの高島屋などで取り扱いがあります。

夫の職場の皆さんや日本人以外の方には、シガーの代わりに。
日本人のお友達やお世話になった方には内祝いとして。
(日本製のお菓子って海外にいると尚更恋しく、美味しく感じません?)

それからカード。
さすがアメリカ!って思ったのは普通に双子、三つ子用のカードが揃っているところ。
(他にもアダプションのカードまであるのはさすが!)



Tiny Printsのこちらのデザインにしました。
これに自分の写真をアップロードして名前や体重などの情報を入力すると、
後日印刷されたカードと封筒が送られてきます。

この2つがようやく揃ったので早速夫が職場にもっていくと、
はじめはキョトン?としていても、
「これはシガーの代わりに」と言うとすぐに理解してくれたそう。
直属の小ボスも
「帰宅したらワイフよりも先に子供たちに吸わせるよ!」って。

そういえば私も幼い頃に駄菓子屋さんで買ったタバコ型のチョコレートを
スパー って吸う振りして遊んだなー
なんてことを思い出し、小ボスの子供たちもそんな風に遊ぶのかなー
なんて想像してニヤニヤして。


そして先日の産後の産科検診にて担当のドクターCCにも
メッセージを添えたカードを手渡しました。
アメリカの産科や小児科のドクターのオフィスの壁には担当したこどもたちの写真や
カードでいっぱいなんです。
息子たちのカードも仲間入りできるといいな。

双子育児 | トラックバック(2) | コメント(4) | page top↑
コメントの編集











秘密にする

トラックバック
トラックバックURL
http://cinque.dtiblog.com/tb.php/314-03152a85
-
管理人の承認後に表示されます 【2013/05/01 06:58】
-
管理人の承認後に表示されます 【2013/12/15 15:54】
| ホーム |